概要

学びによる自律型人材育成で企業価値向上
第3回「リスキリングによるコスト削減効果とイノベーション向上」について解説

<講師プロフィール>
林 雄次(はやし ゆうじ)

1980年生まれ、東京都足立区出身。
筑波大学附属高校卒業後、社会福祉を志し、淑徳大学にて社会福祉を学び社会福祉士の資格を取得。
卒業後はITを通じて多くの方に役立つべくIT関連企業で1000社以上の中小企業の業務改善に従事。
エンジニア教育の講師として多くの資格取得を経て、社労士・行政書士として『はやし総合支援事務所』開業。
本業では、中小企業診断士、社労士、行政書士、情報処理安全確保支援士等として企業向け支援を行いつつ、保有資格・検定は400超え、「資格ソムリエ」として多くのメディアで活躍中。僧侶でもある(法名:釋覚諭)。

日本パラリンピック委員会 ハイパフォーマンスマネジメントチーム 情報・科学スタッフ
東京都社会保険労務士会 デジタル・IT化推進特別委員
日本の資格・検定 公認アンバサダー

著書:『社労士事務所のDXマニュアル』(中央経済社)
『資格が教えてくれたこと 400の資格をもつ社労士がみつけた学び方・活かし方・選び方』(日本法令)

セッション・分科会
  1. リスキリングを進める企業のメリット2 コスト&イノベーション面
    所要時間
    15分
    会場
    イベントルーム(JCD Event Platform内)
    概要
    リスキリングによる人件費の有効活用
    自律型人材の成長支援によるイノベーション向上について、
    わかりやすく、15分で学べます
参加対象者

どなたでも無料で参加頂けます