概要

ウクライナへの侵攻が具現化したことで、日本企業の海外駐在員を取り巻く脅威は
格段に上がり、これまでの海外危機管理の在り方を大きく見直さなければならない事態が生じています。
ウクライナにとどまらず、その他にも複数の地域で国外退避につながる脅威が予見されています。
個々の地域情勢の概況と、駐在員・渡航者に及ぼす脅威のシナリオについて解説、最後にそれらに共通
する深刻な課題を分析します。

【特典】
アンケート回答者の皆様に、
SSI海外ヘッドラインニュース(安全サポート社からウイークリー版の配信)を提供させて頂きます。

◆講師プロフィール
安全サポート株式会社 代表取締役 有坂 錬成 氏

住友海上火災保険株式会社(現三井住友海上)でデュッセルドルフ駐在員を経てミュンヘン事務所長就任
外務省に出向、「海外邦人安全対策官民協力会議」事務局員
同事務局にて「海安協ホームページ」(現在の外務省海外安全ホームページ)を立上げたほか、
「誘拐対策マニュアル」の編集を担当

2005 年に安全サポー株式会社を設立
企業への海外危機管理体制構築コンサルティング・マニュアル作成・退避計画作成などの対応をアドバイス。
外務省共催の海外進出企業向け安全対策セミナー講師、JICA(国際協力機構)業務で中東アフリカ等に
おける安全対策セミナー講師も務める

セッション・分科会
  1. 海外危機管理の新常識
    所要時間
    30分
    会場
    イベントルーム(JCD Event Platform内)
    概要
    今後の地域情勢の概況と駐在員・渡航者に及ぼす脅威について解説します
参加対象者

海外駐在員・出張者サポートのご担当者様
海外駐在、出張される方
これから海外進出される企業様