概要

【基調講演1】14:00-14:55
「渋沢栄一の「論語と算盤」に学ぶ~繁栄し続ける社会と企業経営」

日本の資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一は「論語と算盤」(道徳経済合一主義)を唱え、「合本主義」を推進しました。簡単に言えば、一滴一滴の滴(しずく)が集まって大河になるという思想で、渋沢栄一はこの思想に基づき、日本で初めて銀行を設立する等、新しい価値と仕組みを広めることで今日の日本の発展の礎を築きました。彼の100年以上前の未来志向を現代の文脈に読み解き、日本社会のあるべき姿と企業経営についてお伝えします。

<渋澤 健氏 略歴>
複数の外資系金融機関およびヘッジファンドでマーケット業務に携わり、2001年にシブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業し代表取締役に就任。07年にコモンズ株式会社(現コモンズ投信株式会社)を創業、08年に会長に就任。経済同友会幹事およびアフリカ開発支援戦略PT副委員長、UNDP(国連開発計画)SDG Impact Steering Group委員、東京大学総長室アドバイザー等。


【基調講演2】16:00-16:40
「金融機関における気候変動リスクの基礎」

地球温暖化や脱炭素社会への転換が、世界全体にとって大きな課題となっています。本セミナーでは著書「金融機関のための気候変動リスク管理」を基に、地球温暖化や気候変動リスクを取り巻く動きについて整理したうえで、特に金融機関に期待される役割についての基礎的な部分を解説します。

<藤井 健司氏 略歴>
東京大学経済学部卒。ペンシルヴェニア大学ウォートンスクール経営学修士。1981年日本長期信用銀行に入行。2004年UFJ銀行総合リスク管理部長、2007年あおぞら銀行専務執行役員、2014年みずほ証券常務執行役員グローバルリスクマネジメントヘッドを経て、2020年6月から現職。

【協賛社セッション】15:00-15:50
「ソーシャルメディア分析によるリアルタイムESGスコア」

多くのESGテクノロジーは企業の開示情報に依存しており、クオリティの高いESGデータを調達することは投資家にとって大きな課題になり得ます。
SIXは、ソーシャルメディアフィード分析に基づくリアルタイムのESGスコアを使用して、企業のESGへの取り組みに関する包括的なビューを提供し、より多くの情報に基づいた投資判断を可能にします。今回は、新しいESGのテクノロジーの開発者であるTanya Seajayよりご説明させていただき、BNY Mellonからデータ&アナリティクスソリューション、ビジネスアプリケーションのグローバル責任者Corinne Nealeを 迎えて日本におけるご提供情報を紹介いたします。

SIX ファイナンシャル インフォメーション ジャパン株式会社
Senior Sales Manager デプラット イシドロ 氏
Head of SSO Japan 砂川俊明 氏
Orenda | a SIX company
CEO & Founder Tanya Seajay

BNY Mellon
Head of Business Applications, Data & Analytics Solutions
Corinne Neale

セッション・分科会
  1. オンラインイベント
    開催時間
    2021年8月5日(木) 14:00 - 17:00
    会場
    イベントルーム(JCD Event Platform内)
    概要
    ※詳しくは上記セッション概要をご確認ください。
参加対象者

金融機関、一般向け