概要

■第一部:What THEY think? 17:30-18:30
 “コバヘン”こと小林弘人氏をファシリテーターにお迎えし、
 Austin Spring Festivalを語る上では外せない、参加歴の長い有識者の方々にご登壇いただき様々なトーク
 テーマを繰り広げていただきます。ずっと参加してきたからこそ見える「今、ビジネスに必要なもの」とは・・?
 全米最大級イベントの魅力に迫ります!初参加の方も大歓迎。ぜひここで体験をしてみてください。

★ファシリテーター:小林 弘人氏(株式会社インフォバーン 代表取締役CVO)
『WIRED JAPAN』創刊編集長。ビジネスインサイダー・ジャパン発行人。
「欧州のAustin Spring Festival」と呼ばれるベルリンのテック・ファレンスTOAの日本公式パートナー。
イスラエルのブロックチェーン協会の アドバイザリーほか、広島県、長野県ほかの自治体、日本企業の
イノベーション支援と欧州との橋渡しを行う。

●パネリスト 廣田 周作 氏 (Henge Inc. CEO / Director)
1980年生まれ。放送局でのディレクター職、広告会社でのマーケティング、新規事業開発・
ブランドコンサルティング業務を経て、2018年8月に独立。企業のブランド開発を専門に行うHenge Inc.を設立。
英国ロンドンに拠点をもつイノベーション・リサーチ企業「Stylus Media Group」の日本におけるチーフを担当。
独自のブランド開発の手法をもち、様々な企業のブランド戦略の立案サポートやイノベーション・プロジェクトに
多数参画。

●パネリスト 姜 花瑛 氏(パナソニック株式会社 オートモーティブ社 車室空間ソリューション室 デザイナー
/WEAR SPACE project デザイナー)
2017年4月にパナソニックのデザイン先行開発チームFUTURE LIFE FACTORYを立ち上げ、新規事業の種づくりをミッションにした未来思索プロジェクトリードを担当。2018年SXSWでは「WEAR SPACE」「+WINDOW」の2プロダクトを出展。WEAR SPACEは、12月に国内でクラウドファンディングを達成。20年11月より株式会社Shiftallより一般販売を開始。 2019年10月より、オートモーティブ社に所属し車載事業の新価値創造に挑戦し、デザイン活動の幅を拡げている。
●パネリスト 中村 寛子 氏(fermata inc., Co-founder / CCO)

Edinburgh Napier University (英)卒。専攻は、Business Studies with Marketing。2015年にmash-inc.設立。女性エンパワメントを軸にジェンダー、年齢、働き方、健康の問題などまわりにある見えない障壁を多彩なセッションやワークショップを通じて解き明かすダイバーシティ推進のビジネスカンファレンス「MASHING UP」を企画プロデュース。

セッション・分科会
  1. オンライン
    開催時間
    12:00 23:59
    会場
    イベントルーム(JCD Event Platform内)
    概要
    詳細はセッション概要をご確認ください
参加対象者

・これからの社会やテクノロジーと人間の関係などを考えつつ、自社の新規事業やビジネスモデル変革に結び付ける
ようなミッションをお持ちの方
・中長期的かつ、幅広く社会の変化に関心と好奇心をお持ちの方
・上記のマインドを「自部門のリーダークラスに是非持ってほしい!」とお考えの管理職の方々